国土交通省東北地方整備局は7日、東日本大震災の復興道路として整備し、昨年12月に全線開通した三陸沿岸道路(仙台市-青森県八戸市、359キロ)の交通状況と開通効果を公表した。八戸市の八戸南インターチェンジ(IC)と仙台港北IC(仙台市)間の走行時間は4時間31分で、震災前の2010年の沿岸経由と比べて約3時間短縮された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。