カエデの幹に穴を開け、樹液採取キットを仕掛ける生徒たち
取り付けられた採取キット

 青森県六戸町の六戸高校(鈴木崇校長)の2年生40人が、近くの舘野公園のヤマモミジから樹液を採取し、今月末の自家製メープルシロップ完成を目指している。カエデは「町の木」。地元の自然を認識しながら、町の魅力をPRする一品に育てるつもりだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。