全役員空席という事態の解消に向けた青森県農協中央会の臨時総会が、7日開かれる。8カ月以上続いてきた役員選任を巡る内紛は、役員推薦会議や理事会という手続きを踏まず、総会の場で一挙に決着を図る異例の展開を迎えた。ただ、組合長間の対立は依然深刻なままで、同日で事態が解消できるかは、予断を許さない状況だ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から