3回目のワクチン接種を受ける弘前大の学生(左)

 青森県弘前市の弘前大学文京キャンパスで5日、市内4大学の学生らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種(追加接種)の職域接種が始まった。同市は国の「まん延防止等重点措置」の適用地域。関係者は、多くの若者が接種を受けることで、地域の感染拡大防止につながると期待している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から