季節を先取りした雰囲気が漂うハウスではタラノメの緑が鮮やかさを増している=4日午後、外ケ浜町

 5日は啓蟄(けいちつ)。冬の間、地中にもぐっていた虫たちが穴からはい出てくる時期とされる。青森県外ケ浜町蟹田大平山元、農業齋藤博さん(87)のビニールハウスでは、天ぷらなどで味わえる春の味覚タラノメの出荷がピークを迎えた。新芽の緑が鮮やかさを増し、季節を先取りした雰囲気に包まれている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から