炭化ケイ素を使った次世代型パワー半導体の設備を増強する富士電機津軽セミコンダクタ

 青森県五所川原市の富士電機津軽セミコンダクタ(桃井透社長)は、電力の制御や変換に必要な次世代型パワー半導体の量産に向け、設備を増強する。今年から建屋の改修や設備の調達を進め、2024年に量産を始める計画。脱炭素化の流れが世界的に加速する中、電気自動車(EV)向け半導体の需要増加に対応するのが狙い。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から