五所川原市議会は3日、一般質問を行った。来年8月の夏祭りに向けた新作大型立佞武多(たちねぷた)の制作費を2022年度当初予算案に盛り込まなかったことについて、三橋大輔経済部長は「制作そのものを行わないと決定したわけではない」との考えを示した。新型コロナウイルスの感染動向などを見ながら判断する方針。制作を決めた場合は今年9月をめどに、関連経費を含む補正予算案を市議会に提出する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から