文集「なんこく」第50号を手にする(右から)笹校長、安原さん、田中教諭
文集「なんこく」のバックナンバー。中学生の手による表紙の風景画が美しい

 1972年から50年にわたって刊行されてきた青森県南黒地区の中学生の文集「なんこく」が本年度の第50号で休刊となる。背景には少子化や国語教育の動向の変化など構造的な要因がある。関係者からは、子どもたちの思いを半世紀にわたり記録し続けてきた文集の終幕を惜しむ声が聞かれる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から