ウクライナ侵攻によるロシアへの経済制裁で、国際的な決済ネットワーク「国際銀行間通信協会(SWIFT)」からロシア大手銀行を排除することを受け、青森銀行は3日、ロシアへの送金申し込みがあった場合、資金が届かなかったり、返金されなかったりするリスクを個別に説明する方針を明らかにした。一律に取り扱い停止はしない。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から