JAXAへの「引き渡し証明書」を持つ尾崎さん(左から4人目)らアルミ板を製作した生徒たち
宇宙へ打ち上げられた八戸工大一のアルミ板のレプリカ

 青森県八戸市の八戸工業大学第一高校が、宇宙産業に関するサービスを展開している東京都の商社のプロジェクトに参加し、生徒たちが製作したアルミ板が2月、宇宙へ打ち上げられた。国際宇宙ステーション(ISS)で行われる材料暴露実験の中で使われ約半年間、宇宙空間にさらされる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から