青森県むつ市は、64歳以下の新型コロナワクチン3回目接種について、市営の大規模接種会場を設置し、1日約3千~4千人に接種する計画を明らかにした。最終日は4月24日で、希望する全市民への接種を完了する。1日夜の定例会見で宮下宗一郎市長が説明した。

 1、2回目の大規模接種は昨年8~9月、同市の「しもきた克雪ドーム」で行ったが、今回は「むつマエダアリーナ」に変更する。接種日は4月16、17、23、24日。接種券に指定の日時を明記しており、予約不要。日中の接種が困難な人は夜間に変更可能。モデルナ製ワクチンを使う。

 大規模接種は、むつ下北医師会、むつ総合病院などが協力し、医師や看護師ら延べ1620人のほか市職員らが携わる。

 宮下市長は「帰省などで人の往来が多くなるゴールデンウイーク前に接種を終え、地域全体の安心を獲得し、今後の経済回復につなげたい」と述べた。