任期満了に伴う弘前市長選は4月3日の告示が1カ月後に迫った。2期目を目指す現職の桜田宏氏(62)、葛西憲之前市長の下で副市長を務めた新人の山本昇氏(51)、同じく前市長時代の副市長で前市議の新人・蛯名正樹氏(67)、立憲民主党県連元共同代表で新人の山内崇氏(66)の4人が立候補を予定。それぞれ固い支援態勢を持ち、政党や経済界を含め支持が入り乱れる混戦の様相を呈している。投開票は同10日。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から