青森県は1日、新型コロナウイルスに感染した入院患者を受け入れる県内医療機関の確保病床が6床減り、全県で408床になったと明らかにした。内訳は、弘前市立病院4床、鯵ケ沢病院(鯵ケ沢町)2床。県は、全県で入院調整を行い、必要な人は引き続き入院できているとしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から