八戸市が東霊園に整備した合葬墓

 青森県八戸市が同市湊高台の市営東霊園に整備していた「合葬墓(がっそうぼ)」が昨秋完成し1日、使用者の募集を始めた。現在遺骨を保有している人が対象で、市庁の特設窓口には初日から約70人が申し込みや相談に訪れ、一時順番待ちの市民で混雑した。市は4月に合葬墓の運用を始め、申し込み状況を見ながら今後、生前予約や市営霊園の一般墓地区画からの改葬を受け付ける。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から