司会を務めたエルビス・トキさん(右)と上東健太さん。藁で「みごほうき」作りに挑戦した
生中継で配信されたJR木造駅のしゃこちゃん巨大モニュメント

 関係人口の創出・拡大による地域活性化を目指し、本年度から「関係人口つながるプロジェクト事業」を実施している青森県つがる市は2月26日、市役所でオンライン視察を開催した。同市の関係人口に登録している県外在住者ら12人が参加。「つがるにんにく塩こうじ鍋」の試食や伝統の藁(わら)細工体験など、同市の魅力に触れながら交流を楽しんだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から