青森商旧校舎の模型(手前)を製作した、青森工建築科3年の生徒たち
青森商旧校舎の模型。教室棟や体育館、プールなど当時の情景を精巧に再現している

 青森工業高校の建築科の生徒が、課題研究の授業の一環で、青森商業高校の旧校舎(青森市東造道)の模型を製作し、2月25日、青森商に寄贈した。建築科の3年生が代々バトンを引き継ぎながら完成までに3年の月日を要した労作は、他校の校舎を題材にした異色作でもあるが、青森工は「多くの卒業生の思い出が詰まった校舎の記憶を語り継いでほしい」としている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から