青森県警が一般県民を対象に行った防犯に関するアンケートで、防犯カメラについて「設置した方が安心して生活できる」と、設置を望む回答が8割を超えていたことが分かった。街頭犯罪防止や事件発生時の捜査への活用を目的に、県警は2021年度、青森市のモデル地域に防犯カメラを半年間貸与し、その効果を検証する設置促進事業を展開している。今回の調査結果を基に、地域へのカメラ整備を後押しする方針。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。