青森県のマグロ漁を巡り、県は25日、漁獲報告が遅れた漁協に対する罰則を設けることを、青森県主要漁協や県漁連などでつくる「クロマグロ資源管理委員会」に対し提案した。しかし、出席した各漁協の組合長らから反対の声が上がり、見送りとなった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から