いわしと枝豆の「だまこ汁」

 「だまこ」というと、キリタンポのようにつぶしたごはんを丸めたものを呼ぶ事もありますが、弘前市周辺に伝わる郷土料理の「だまこ汁」は、イワシやサンマ、ホッケなどの魚と枝豆をすり潰して、みそを加えてだんご状にしたものです。煮干しでとった出汁に入れて、ネギを加えて作るシンプルな魚料理で、今回は大葉を入れてちょっとアレンジしました。これからの季節、冷えた身体をアツアツの「だまこ」が中から温めてくれそうですね!

(Damako in Aomori often refers to mashed and rounded rice balls like kiritanpo. However, in the Hirosaki area, traditional “damako” refers to fish balls with soybeans and miso (fishes used include sardines, Pacific saury and hokke mackerel). It is a simple fish recipe with fish broth soup and green onions. In this recipe, we used oba leaves to add some more flavor. On cold days that will be coming up soon, this soup will surely keep you warm.)

いわしと枝豆の「だまこ汁」(Minced Sardine Fish-ball Soup  Damako-Jiru)

材料(Ingredients)

(だまこ)
・いわし…3尾(またはサンマ・ホッケの骨をとりのぞいた状態のもの)
・茹で枝豆…100グラム(皮をむいた状態で)
・たまご…1個
・味噌…大さじ1
・片栗粉…大さじ3~4(いわしの大きさによって調整)
・しょうが…10グラム
・大葉…5枚
(汁)
・水…1200cc
・煮干し(焼き干)…5尾くらい
・味噌…80~100グラム
・酒…大さじ2
・ネギ…1本(薄く斜め切り)
・豆腐…2分の1丁(大きめのさいの目にカット)

(Fish balls)
・3 Sardines (or Pacific saury, hokke mackerel with bones removed)
・100 g boiled soybeans (without shells)
・1 egg
・1 tbsp miso
・3 to 4 tbsp potato starch (adjust an amount depending on fish size)
・10 g ginger
・5 oba leaves 

 

(Soup)
・1200 cc water
・About 5 niobshi or yakiboshi (boiled or dried fish)
・80 to 100g miso
・2 tbsp sake
・1 green onion (thinly sliced)
・1/2 tofu (cut into large cubes)

 

作り方(Directions)

1.むく(peel)
 枝豆はゆでてさやから出しておきます。
(Boil soybeans and take them out from shells.)

2.さばく(wash)
 イワシは開いて中骨をとっておきます。
(Cut open the sardines, wash them and remove bones.)

 

3.すり潰す(mash)
 フードプロセッサーに、ショウガ、枝豆、大葉を入れて粗みじん切りくらいにします。
(Put the ginger, soybeans and oba leaves in a food processor and mince them roughly.)

4.混ぜる(mix)
 さらに、イワシ、みそ、卵、片栗粉を加えてミンチ状になるまでフードプロセッサーでかき混ぜます。
(Add the sardines, miso, egg and potato starch in the food processor and mix them together.)

5.煮る(boil)
 鍋に煮干し、水を入れて加熱します。沸騰したら煮干しを取り出して、酒、みそを入れて溶きます。
(Pour water and add the niboshi in a pan and bring to boil. When boiled, take out the niboshi, and add sake and miso.)

 

6.仕上げる(season)
 沸騰したところに、スプーンですくってだんご状にした4を落としていきます。火が通ると浮いてくるので、豆腐とネギを加えて完成です。
(When boiled, scoop up the minced sardines with a spoon and drop them in the soup. When cooked through, the fish balls move up to the surface. Add tofu and green onion, and enjoy!)

<ポイント>(Point)
 イワシの大きさによって硬さが変わってくるので、片栗粉の量で調整しましょう! 色々な魚で試してみてね!
(Adjust the amount of potato starch depending on a size of fish because it changes a texture. Try different kinds of fish!)

 

今月のワンポイント

 

生の枝豆でもトライして/なぎさなおこさん
  市販の冷凍枝豆を使うと手軽に作ることができますが、本来は生のままの豆をすり潰して作ることが多いそうです。違う食感になるので、生の枝豆が出回る季節は生の豆で作ってみるのもおススメです。
 汁にナスなどの野菜を加えれば、栄養バランスがさらに良くなりますよ!
(Making the fish balls is easier if you use frozen soybeans, though in the more traditional way, fresh soybeans are often used. Enjoy different texture with fresh soybeans when they are in season. Or, add an eggplant to make the soup even more nutritionally balanced.)

 

材料によって食感さまざま/山内さん
 アメリカに住んでいたころ、私はよくベトナム料理レストランでフィッシュボール(魚のすり身)の料理を注文したり、アジア系の食料品店で冷凍のフィッシュボールを買っていました。魚のすり身と言っても材料によって食感はさまざま。「それって、どんな食感?」と聞くときは、“What’s the texture(テクスチャー)like?” と聞いてみましょう。