協定書に署名する芳賀委員長(右)と蛯名氏

 任期満了に伴う弘前市長選(4月3日告示、10日投開票)に関し、市職員労働組合連合会(市労連、芳賀一弥中央執行委員長)は、前市議で新人の蛯名正樹氏(67)の推薦を決め、22日に同氏と労働環境改善に関する協定を結んだ。一方、市上下水道部の職員が加入する全水道弘前水道労働組合(赤坂嘉宣執行委員長)は現職の桜田宏氏(62)を推薦。職員労組の判断が分かれる形となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から