感染対策に細心の注意を払いながら、高齢者の介助を行う八戸市民病院の医療スタッフ(同病院提供)

 青森県内の新型コロナウイルス対応医療機関で、高齢感染者の入院が増えている。入院した感染者のうち8割が高齢者という病院もある。基礎疾患や認知症がある高齢者は、より慎重な治療と手厚いケアを必要とする。多忙を極める医療現場のスタッフは、疲弊感を口にする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。