2022年度の県政運営方針などを説明する三村知事

 総額7333億円の2022年度一般会計当初予算案などを審議する定例青森県議会が22日、開会した。本会議では会期を3月23日までの30日間と決め、議案59件、報告18件を一括上程した。三村申吾知事は提案理由説明で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う社会経済環境の変化に柔軟に対応するとし、「感染拡大防止と地域経済の早期回復、自然災害に備えたインフラ機能強化に集中的に取り組む」と決意を述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から