任期満了に伴う、むつ市長選(5月29日告示、6月5日投開票)が約3カ月半後に迫る中、現職の宮下宗一郎氏(42)は21日開会の定例市議会で、2022年度の市政運営について方針を述べる場面があったが、自身の3選出馬については明言しなかった。「残された任期、しっかりと務めを果たすことで、市民の皆さまに恩返しをしていきたい」と述べるにとどめた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から