番組映像の収録に臨む(右から)阿部特別研究員、小笠原副参事、斉藤論説編集委員

 青森県の歴史や文化を学ぶ「あおもり案内人養成講座」(実行委員会主催)のうち、縄文をテーマにした講座が3月から放送・配信される。青森市で19日、映像の収録が行われ、世界文化遺産登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する遺跡の調査に携わった専門家が「縄文遺跡と私たち~これまで、そしてこれから」をテーマに語り合った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から