青森県内で働く若者を支援-。県は、大学などを卒業して県内就職する若者の奨学金返還を支援するため、企業と連携して最大150万円を補助する制度を新設する。県内に居住しながら、県内事業所に6年以上勤めることが条件。2022年度卒の学生から支援対象とし、28年度までに約550人の支援を想定している。若者の奨学金返還負担を軽減し、県内定着、還流促進を図るとともに企業の人材確保も図りたい考え。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から