インターンシップ修了証を馬場副町長(左)から渡される太田さんら

 青森県三戸町にインターンシップ(就業体験)に来ていた弘前大学人文社会科学部3年生が18日夜、梅内ふれあい会館で活動報告会を行った。農作業や店の手伝いを行った3人は町の魅力に浸りながら「会員制交流サイト(SNS)を使い、さらなる情報発信をするべき」と活性化策を提言した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)