黄麹と日本酒酵母を使ったクラフトビール
クラフトビールを企画した加藤さん、三浦さん、ギャレスさん(右から)

 青森県弘前市の加藤酒店(加藤貴大代表)、三浦酒造(三浦剛史社長)、Be Easy Brewing(ギャレス・バーンズ代表)の地元3社が協力し、昨年11月の白麹(こうじ)クラフトビールに続く第2弾の黄麹クラフトビールを造った。黄麹に加え、ビール酵母の代わりに日本酒酵母を使い、ビールと日本酒の香りを併せ持つすっきりした味わいに仕上げた。「青森エール~黄麹Ver~」は19日から販売を始める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。