ユートリーおみやげショップで販売している「おうちで八戸えんぶり満喫シリーズ」は注文カードで購入する仕組み。オンラインショップでも取り扱っている

 新型コロナウイルスの影響で2年連続中止となった「八戸えんぶり」の雰囲気を自宅で楽しんでもらおうと、八戸圏域の観光地域づくり推進法人(DMO)「VISITはちのへ」は17日、八戸の味を組み合わせるなどした商品全5種類の販売を期間限定で始めた。同日はえんぶりの代替企画として動画配信もスタート。担当者は「動画を見ながら味わってほしい」と呼び掛けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から