ぽこぽこクラブのメンバー。後列左から時計回りに三上陽永、渡辺芳博、坂本健、高橋玄太、杉浦一輝

 2021年に演出家の登竜門・若手演出家コンクールで最優秀賞を受賞した青森市出身の俳優で演出家、脚本家の三上陽永(ようえい)(38)=東京都在住=が主宰する演劇ユニット「ぽこぽこクラブ」が3月、東京・紀伊国屋ホールで初めて公演する。ユニット結成から8年で“演劇の聖地”と呼ばれる夢舞台に初進出を果たす。三上は「どこまで演劇に本気か。僕らにとって分岐点になる」と、公演へ意欲をかき立てる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から