青森県は16日、県内市町村が県に納める2022年度の国民健康保険(国保)納付金を算定した結果、総額362億7250万円に確定したと公表した。21年度比で29億8531万円(7.6%)の減額。総額を県全体の加入者数で割った1人当たりの納付金額は年間で12万9951円となり、21年度から5317円(3.9%)減少する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から