ワックスマンとして経験した初の五輪を振り返る蛯澤さん=15日、国家バイアスロンセンター

 北京冬季五輪のバイアスロン日本代表チームを、青森県東北町出身の元日本代表選手が裏方として支えている。蛯澤伸治さん(45)=東奥義塾出、自衛隊体育学校=は選手たちのスキー板を管理する技術スタッフ(通称「ワックスマン」)として参加。自身の現役時代は五輪出場がかなわなかっただけに、「スタッフとして関わることができ、すごくうれしい」と充実感をにじませる。日本勢最終戦となる16日の女子リレーに向け、「4人全員が最後まで力を出し切って完走できるよう、しっかりとサポートしたい」と気合を入れた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から