電気事業連合会(電事連)は、電力各社が英仏に保管しているプルトニウムの消費に向け、各社間で融通し合い総量を削減する方向で調整している。一般の原発でMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料を燃やす「プルサーマル」を進めている電力会社が、遅れている他社の保有分を先行して使用する。国の原子力委員会はプルサーマルに必要な分だけ再処理を認めるとの方針を示しており、プルトニウム削減が進まなければ日本原燃・六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の稼働が制限される可能性もある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。