7月10日は納豆の日らしいですが。


7月10日はつばきの日でもあるのです。

どーゆーことかと言いますと。

7月10日はつばきの生まれた日!
ついでに言うと、本名(?)は、愛珀姫!なんて読むんだ??

特にお誕生会とかはしませんが!
しかし、このブログで誕生日ネタっていうのは感無量なのであります。

なんなれば...わさおは野良だったので誕生日不明につき、この種の切り口が今までなかったからであります!

ということで、本日はつばきの話をば、少々。

まず、やや人見知りです。

初対面の人が勢い良く歩いて来たりするとちょっと不安になるようで、結果、バウバウバウバウ吠えることがあります。一度スイッチが入るとそんなに吠えて疲れないか?ってーくらい良く吠えます。

特にツボは小さな子どもたちと自転車。どちらも動きが急な感じなのが、吠えポイントのようです。

でも人間嫌いということではありません。より正確に言うならば「人慣れしていないところがある」ということになりましょうか。実際、顔見知りになってしまえば、尻尾ぶんぶんジャンピングアタックしてきます。

つばきはもともと、秋田犬の集団の中で暮らしていました。
ですので、犬同士のコミュニケーションには慣れているのですが、対人間というところは少し勝手が違うようなのです。つばきがまだ若いということもポイントかもしれません。人間との接し方、社会性を今まさにリアルタイム学習中という気もしております。

次につばきは食いしん坊です(^^;)


もしかすると、わさおより食べてるかもしれません。

そりゃ、ま、わさおも棒鱈が大好きで、なみなみならぬ反応を示しますが、普通のご飯はそうでもなくて、ちびちびちびちびち食べる感じです。

でも、つばきはあっというまに完食っていうね...(^^;)

最後に、つばきはわさおのことが好きみたいです。


そしてどうやら、わさおもまんざらでもない様子。

今日、飼い主母さんとその辺について話題になりました。
一緒に居ないとおちつかない、という意味では、かつての わさおとチビの関係に似ているところもあります。
でも、わさおとチビが師匠と弟子あるいは祖母と孫みたいな感じだったのに対して、わさおとつばきは、もうちょっと違う印象があります。
飼い主母さんの言葉を借りるなら「夫婦ものだな」ということでしょうか。

今日で、3歳をむかえたつばき。


今後、わさおとどのような物語をつむいでいくのでしょ〜か。

ということで、お誕生日おめでとう、つばき。