学生たちが5日にウェブ上で行った楽曲制作報告会の画面
防音のための毛布の中でレコーディングに臨むジョナゴールドさん=1月19日、弘前市土手町のライブハウス「KEEP THE BEAT」

 音楽の力で、もっと男女ともに生きやすい社会を-。弘前大学人文社会科学部地域行動コースの学生たちが、同一のメロディーに男性目線、女性目線で別々の歌詞をつけた二つの楽曲を制作した。作詞作曲は青森県弘前市在住の音楽家多田慎也さん、レコーディングには同じく大学生で同市の地元アイドルグループりんご娘のジョナゴールドさんが協力。社会の中で固定概念化された「男らしさ」「女らしさ」へのとらわれに気づく機会を提供しようと、オンラインイベントでの活用などを模索している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。