「シナノゴールド」や「ぐんま名月」が並ぶ青果店=2月上旬、青森市浪岡

 長野、群馬それぞれの県の地名を冠した黄色リンゴ「シナノゴールド」「ぐんま名月」の栽培が青森県で増えている。赤色品種に比べ栽培しやすいことが要因で、近年の栽培面積は“本拠地”である長野、群馬各県を上回った。競合産地の名前が付くため、青森県のリンゴ業界では抵抗感のある時期もあったというが、どちらの品種も今や売り場の常連。青森県のリンゴ生産に欠かせない存在となっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。