青森県平川市は10日、2022年度一般会計当初予算案を発表した。総額は21年度当初比5億7千万円(2.7%)減の202億7千万円。新本庁舎建設事業や道の駅いかりがせき、健康センターの大規模改修事業などの大型建設事業費を計上したことで、合併後最大だった前年度に続き、2年連続で200億円を超える予算規模となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から