抽出したエキスに新型コロナウイルスのヒト細胞侵入阻害成分があることが分かったあおもり藍(近畿大学提供)

 近畿大、東北医科薬科大、富山大、神戸大の4大学でつくる研究チームは10日、農薬不使用の青森県の天然素材「あおもり藍」のエキスに、新型コロナウイルスのヒト細胞侵入を阻害する成分があることを発見したと発表した。新型コロナ感染予防への活用が期待できるといい、「点鼻薬などの実用化に向けて研究を進めていく」としている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。