ABホテルがホテル建設を予定していた区画。事業撤退の方針となり、市は今後、保留地購入事業者を再募集する=10日午後、青森市石江2丁目

 青森市は10日、市が新青森駅周辺で商業用に分譲している「一般保留地」(全18区画)の1区画にビジネスホテル建設を予定していた「ABホテル」(愛知県安城市、沓名(くつな)一樹社長)について、同社が事業を撤退する方針であることを明らかにした。新型コロナウイルスの影響で需要が見込めなくなったことが要因。市は今後、同社に保留地を返還させた上で、別の事業者を探す方針。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。