原子力規制委員会の審査に臨む日本原燃担当者ら(奥)=14日、東京・港区

 原子力規制委員会は14日、東京・港区の原子力規制庁で、日本原燃六ケ所再処理工場の審査会合を開いた。説明が残っていた火山の影響評価について、規制委が原燃の対応を「妥当」と判断したことで、設備面を含めこれまで85回に及んだ審査会合は一通り終了した。原燃は「合格」へ向け、指摘事項を反映させた補正申請書の作成を急ぐ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)