奈良市の興福寺は14日、約300年ぶりに再建している中金堂の落慶法要を10月7〜11日に営むと発表した。期間中には献茶や舞踊なども行われる。一般参拝客が中金堂を拝観できるのは同月20日から。

 法要では再建に携わった関係者による鴟尾の除幕や能楽の奉納、室内楽団「日本テレマン協会」(大阪市北区)による演奏も行われる。東大寺や薬師寺、延暦寺(大津市)の僧侶による法要もある。

 中金堂は興福寺の中心的な建物で、江戸時代の1717年に焼失し、本格的な再建はされてこなかった。

(共同通信社)