津軽藩ねぷた村で製作が進む「つがにゃんねぷた」
22日のネコの日に合わせて販売する招きネコねぷた

 弘前ねぷたの運行が初めて文献に登場して300年の節目となる今年、青森県弘前市の観光施設・津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)がJR秋田支社の依頼を受け、同社のキャラクター「つがにゃん」をモチーフにしたねぷた製作を進めている。同ねぷたは10日から同支社管内のJR弘前駅に展示する予定。ねぷた村はネコの日(2月22日)に発売する「招きネコねぷた」にも、つがにゃんのデザインを取り入れる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。