青森県教育委員会は、教職員の人事評価制度を来年度から一部見直す方針を固め、教職員組合と交渉を進めている。これまで知事、警察、教育の県3部局と、教職員の評価区分に違いがあったため、これを統一する目的。これに対し、組合や教育団体からは、教育現場に能力評価を持ち込むことや、現状より給与の差が大きくなることに反対の声が上がっている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から