青森市は8日、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者が急増している事態を受け、電話などで健康状態を聞き取る職員を専門に配置する「自宅療養者健康観察センター」を新たに設けると発表した。中央市民センター内に30人の職員を配置し、自宅療養者や濃厚接触者への健康観察業務の強化を図る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から