弘南バス(本社・青森県弘前市)の乗り合い路線に2023年春、交通系ICカード決済が導入される見通しとなったことが7日、関係者への取材で分かった。Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)など10種類のカードが使えるようになる。県、弘前市、沿線市町村が協調し、同社に導入費用に関する補助金を出す方向で調整している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。