生徒たちの作業を見て回る山端さん(中)

 青森県弘前市の弘前実業高校は12日、同校で「こぎんデザイン講座」を開いた。デザイナーで同校卒業生の山端家昌さん(35)=おいらせ町出身=が講師を務め、生徒たちはこぎん刺しの模様が幅広い分野で取り入れられるようになったことを学び、模様が入ったペーパーを使って空き箱を飾るなど、伝統のデザインを楽しんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)