日本オリンピック委員会(JOC)は4日、北京冬季五輪開幕に当たり、選手108人分のコメントを発表した。五輪初出場となる、バイアスロンの枋木(こぼのき)司(青森県東北町出身、自衛隊体育学校)、スキー距離の土屋正恵(弘果SRC)、スノーボードクロスの中村優花(青森市出身、仙台大)の県勢3選手も全力を尽くすことを誓った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から