北京五輪の開会式を前に柵で封鎖された国家体育場近くの道路。警察官らが集まっていた(共同)

 北京冬季五輪の開会式が行われた国家体育場(通称・鳥の巣)の周辺道路は、4日朝から厳しい通行規制が敷かれた。交差点ごとに公安警察が配置され、ものものしい雰囲気。新型コロナウイルスのまん延により、市民生活と切り離された中で、4年に1度の冬の祭典の幕が切って落とされた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から