ストッキング製造大手・アツギ(本社・神奈川県海老名市)が国内生産拠点であるむつ事業所での生産終了と事実上の閉鎖を決定したことを受け、青森県むつ市は3日、離職者支援に(1)地方創生臨時交付金を活用した生活安定と再就職支援(2)企業誘致による雇用創出-の2本柱で取り組むと明らかにした。同日の定例会見で宮下宗一郎市長は「特に企業誘致に軸足を置いてチャレンジしていきたい」と強調した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から