まん延防止等重点措置の適用要請で、歓楽街では、さらなる景気の冷え込みを予想する声が上がった=1日午後7時21分、青森市本町2丁目

 「感染拡大は目に見えていた」「早く対応すべきだった」。青森市が新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用を県に要請した1日、市内の飲食店経営者からは対応の遅さに疑問の声が上がった。年明け後、感染者数は日に日に増える一方で、売り上げは減少。一部店主は「廃業」への危機感を募らせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。