建築甲子園の全国大会でベスト8に入った八戸工業高校の小笠原さん(左)と二子さん
高校生ものづくりコンテスト県大会の木材加工部門で優勝した早狩さん

 設計を学ぶ高校生たちによるコンテスト「第12回建築甲子園」(主催・日本建築士会連合会、都道府県建築士会)の全国大会で、八戸工業高校土木建築科・建築コースが同校初のベスト8に残り、審査委員長特別賞を受賞した。また、本年度の高校生ものづくりコンテスト県大会の木材加工部門で同コースの生徒が優勝した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から